古き良き時代・昭和!

昭和時代ってのは、怖い時代でもありましたが、良かったのも多々とあります。
その中でも好きなものを集めてみました。

ハンバーガーの自動販売機。

お金を入れて60秒ほど待つと、ガゴンと箱に入ったハンバーガーが出てくるのですが…不用意にハンバーガーを持つと、火傷しそうなほどの超高温ハンバーガーなんです。
なにゆえ、ここまでアッチアチにするのか?と思うぐらいに…。
パンも肉も超高温…高温故に何もかもヘニャヘニャ…歯と顎に非常に優しいハンバーガー。
それを少し冷まして、ハンバーガーを上からムギュって押し込んで、少し噛みごたえのあるようにしてから食べるのが私流でした。
現在では絶対に食べれないであろうと思うほどの、なんか…ネチャーとしたパンに…ケミカルなお肉。
パンと肉のみの超正統派ハンバーガーで大好きでしたwww。

これは知らないのですが…見たことはあったので貼りました。

今でもたま~~に見かける【うどんの自販機】ですが…これはよく食べましたねー
簡易的な丼故に、これも不用意に取り出し口から取ると、火傷しそうな程の超高温うどん!

汁が手に溢れ様なものなら持ってることすら、ままならない!
調理温度設定が狂ってるのか?と思うほどの灼熱地獄なんですよね…。
味はけっこうー濃い味だったような気がします。
…ってか、高温なので、汁が飲めるまでは相当な時間を要しますが…。
寒い地域でのドライブインで食べたのが多かったので、丼から立ちのぼる湯気が風情あってよかったですね~

レトロな食べ物と言えば、今でこそ日常的な風景ですが、デパートの屋上や食堂街で食べるなんて、けっこうな一大イベントでしたね~。

ここまで古くはないですが…この写真のように、大きな食堂で食べるってのがあって
大抵、デパートの最上階や屋上にありましたね~
そして、そこでしか食べれないのがあって、陳列を見ながらワクワクしてたものでした。

そう~~~お子様ランチ!!

完食しても、まったく物足りないのですが、豪勢で夢いっぱい、腹八分目のお子様ランチ!
ケチャップライスに刺さってる国旗も、今となれば「なんで?国旗が刺さってるの?」って思いますが、これもお子様ランチのトレードマークで好きでしたねー。
デパートは大人も子供も楽しめるようになってまして、子供にとっては、この食堂で食べる事と、屋上にあったミニ遊園地で遊ぶこと。
お子様ランチの後は、これまた普段では味わえない贅沢なティタイム!

失くならければ良いのにーと思いながら…チビチビと味わいながら食べてましたね~
エメラルドグリーンのメロンソーダーに浮かぶ、アイスクリームとさくらんぼ。
スプーンを入れるたびにシュワシュワと奏でる炭酸の心地よい音色。
南国の海に浮かぶ白い小舟のような・・・そんな風景が思い浮かぶ・・・
・・・ことは、当時の私にはなかったと思いますが…

現に、最初はアイスをメロンソーダーにつけながら食べたりしてるのですが…
だんだんとアイスが溶けてきて、最終的にはアイスをメロンソーダーに溶かして、グジャグジャに混ぜてストローで飲んでましたwww
色的にも最初の綺麗な色合いでは当然無くなります…でもそれが美味かったんですよね~w
そして、かなりの高確率でOPP(お腹ピーピー)になってました。
普段食べていないものを食べた反作用と、クリームソーダーで冷えるのが原因でしょうね。

そして、お土産に必ず立ち寄っていたのが…

回転するお菓子売り場!!

なぜ回転してたのかは分かりませんが…
三段になるお菓子の棚が、ゆ~~~っくりと回転すしてるので、必然的に買ってる人は、その回転に合わせながら、歩きながら買う・・・という、何ともシュールな風景がありました。
普段、駄菓子屋で買うお菓子とは違う、ちょっと高級感あるお菓子が売ってた…ような気がしますww
なぜか…うちの母君は【よく歯にくっ付くオブラートに包まれたゼリー】をよく買ってました。
このお菓子タワーも心躍る場面でしたねー・・・しかし、なぜ回転してたのか?

今やデパートも無くなりつつありますが、夢の世界のような感じで良かった時代ですね~
高いビルが少なかったから余計に別世界のような感覚になってたんでしょうね~。
まぁ~昭和時代も良いものばかりでは無いですが…