タカラのパンチキック

同世代の男子なら誰しも親におねだりしたり、買ってもらった事はあるのじゃないでしょうか?
この【七転び八起きパンチキックマッシーーン】
けっこうー全力で蹴飛ばそうが、殴ろうが、ビュンビュン起き上がってくるのですが…
起き上がるタイミングが難しく、連打をしようとしたら、スカ!!っと空振り!!
そのまま勢い良く転倒!! またはテーブルやちゃぶ台に激突!! ってのも多々とありました。
外に持って行っても、同じく連打はできず、タイミングを見誤り、このマシーンに返り討ちに合うことも、しばしば…
すごい勢いで起き上がってくるのでカウンターとなり、こっちが後方へ飛ばされていました。

これは良く遊びましたねーーー
めっちゃー良く飛ぶんですよねーーーー
かるーーーい力でふわ~~~と上空へ投げるほうが良く舞い上がるのですが…
たまに力んで振り上げると、空中で旋回して自分の後頭部目掛けて帰還してきよるんですよ!
それに、あまりに高性能ゆえに…ひたすら飛んで行く…それをかなり遠くまで拾いに行く…
…って言うパターンもありましたね。
近くに大きな大和川ってのがあって、向こう岸まで飛んでいって、取りに行くのに橋を渡っていったのを覚えていますww。
今もあるのかな~~~ ほんとに優秀なおもちゃでしたねー

この【お面のように顔に装着できるチョコレート】
ほんとに、ハシに輪ゴム通して、メガネのように着けていた友達が居ましたwwwww
チョコレートを中途半端に食べてるので、色合い悪くて…
しかし…なぜ 顔に装備した状態でチョコを食べていたのか? 今も謎です。

ポケットゲームと呼ばれてた、この携帯ゲーム。
けっこう~人気で、ほとんどの男子が持ってました。
下のクルクルレバーを使って、中の車を目的地や、ゲーム内ドライブをするのですが・・・
たいがい・・・中の磁石が弱くなってきて、ドライブ最中に、車がポトって下に落ちるんですよ
だから、本来、立てて遊ぶゲームなのに、寝かせてプレイするのですが・・・
弱くなった磁石部分はそれで解消するわけも無く・・・磁石が弱いエリアでは
車が、まったく動かない!って事になるんですねwww
人によって、磁石が弱くなってるエリアが違うので、友達のをする時は、その友達から
「ビルの付近に行ったら動かんから気ぃつけなー」とか言われるんですよ。
そのうち、ほとんどエリアが走行不可能になっていくって言う結末でしたねwww

私も持っていました、このちーーこいキーホルダー式ブック。
もーーー字が小ーーーーさい  もんのごっつい読みづらい・・・
しかし 何故か人気で、いろんなバージョンを集めていました。
気をつけて読まないとすぐに破れるし・・・神経使うミニブックでしたねーww

最後に!色鉛筆に変わる次世代色鉛筆として登場!一世風靡した「クーピー」
私し、母に超ーおねだりして、使いもしない36色クーピーを買ってもらいました・・・
・・・が! やはりそれほど使うことも、使う場面すら無く・・・基本形の色のみ使うことに…
しかも、柔らかいので、先を尖らせても、すぐに先がなくなので、クーピー削りで、毎回毎回削るんです
そうなると使う色だけドンドン短くなってきて、最終的には、ものすごい使いづらい代物になるんですねww
白なんて どこで使うねん!?って思うぐらいに、持ってる人全員が【白】だけまっさら!
ってなってましたwww

別売りのクーピー単体も売ってて、新品を買うも、すぐにポキ!って折れて、片方は短い…
使いやすい方で使うも、同じ現象ですぐに使い物にならなくなる…そして単体を買う…
金食い虫と化したクーピーは、親から使用禁止が出ましたwww
結局…普通の色鉛筆に戻るんですねww

クレヨンで書いたような色合いはけっこうー好きだったのですが。
また懐かしいものも取り上げていきます~~~~

きざみ鰻