FM STATIONとDJごっこ


DJ(ディスクジョッキー)にはすごく憧れていた時期がありまして
中学生の洋楽にハマっていた頃には、いつも友達同士でDJゴッコして遊んでいました。

母上がカラオケ教室をしていたので、自宅にマイクがあったことで、ダブルデッキのラジカセを
目の前に置き、片方のテープには、友達推薦の洋楽。

ラジカセにマイクを繋ぎ、収録型FMラジオ風に録音しながら曲を流す…ってのをしてました。

それぞれ順番にマイクを握り、DJをしていくのですが…

いざ話そうとすると、何を話して良いのか分からないし…

変な緊張でロレツ回らないwww

カムわ…意味不明な言語を並べるわ…話の脈略は無いわ…ズタボロなんですが…

それはそれで楽しかったwww

一人が話してるのを、横で聴いてる訳ですが、なんか変におかしくて…笑うのをこらえる。

録音に他の人の声が入らないように、口に手をおき、息を殺して、話終わって曲が入るのを待つ…

60分テープに録音したのを、収録を終えて、聞き直すと…

MCしてる後ろのほうで・・・「ブッ」とか「クスクス」とか「フフフ・・・」とか
漏れた笑い声が常に入ってるのが、聴いてるとまた面白くて・・・

けっこう~DJごっこは、友達の中でもハイテクな遊びとして定着しましたね~www

DJごっこも回数をこなすうちに、こなれてくるんですが…

中学生ゆえの話題と会話のボキャブラリーの無さで行き詰まってきて

そのまま【FMステーション】の記事を読む…ヒットチャートを発表する…アーティスト特集をする…など

企画的な発想も出てきて、フリーで話す時間と、FMステーションをベースに話す時間に分かれ
収録カセットテープが増えていくに連れ、それらしき感じになっていったのを覚えています。

友達の間でバイブル的存在だった【FMステーション】

その中にある【カセットインデックス】が楽しみで、発売日が待ち遠しかったですね~

カセットインデックス自体は皆、同じものを持っているので個性を出すにはカセットタイトルなど…いかに綺麗でカッコイイ、カセットにするか!ってのがテーマでした。

最初の方は「手書きスタイル」が主流だったのですが、上記のインデックスに使える「こすったら貼れる文字」が出てきて一変!

手書きのオリジナル感よりも、商品っぽい感じに皆が夢中になってカセット作りに励んでました。

ただ・・・この貼れる文字・・・

かなり高度なテクニックと言うか…集中力と指先の繊細さが必要というか…

一列に貼っていくのも、文字間をうまく付けていかないと、文字が並びすぎて、タイトルとしても、英文としてもおかしい・・・だけど間隔がうまく取れない。。。

ましてや二列でタイトルを付けようものなら…

最初に貼った文字が二列目作成時に剥がれていく…手につく…元のシールに再び付き直すww

しかも、なぜかよく使う文字と、使わない文字が均等にあるものんだから…

母音(A・I・U・E・O)がすぐに無くなる…でも…QやXなどは常に余る

かなり後から【母音集】も出てきましたが・・・それまでは母音の少なさゆえに、失敗が許されない…という極度の緊張感で、すごく時間を費やすという、”あるある”が発生していましたね~

そんな極度の緊張と、日頃使わない極限の集中力で、タイトルを作ると精魂使い果たし
他の情報なんて入れる気力も残っていませんでしたww

でも、細かい性格の友達は、録音日・収録曲・アーティスト・特集内容など…

カセットインデックスにびっちりと書いている強者もいましたねー

その個性溢れるカセットを作ると、友達同士で借りあいするのも、自慢のコレクションを披露するような感覚で、達成感と、友達からの好評化をもらった時の愉悦感はすごくありましたね~

ただ、私の場合…タイトルで精魂使い果たすので、曲名を書かない…

だから、知らない曲があると、友達から…

「A面の13曲目にかかる曲って何?」など…

作った本人ですら分からない質問攻めにあるケースが多々と有りました。

ただ、当時はカセットテープならではの悲しい日も訪れるんですね~

丹念に精魂込めて作ったカセットテープが伸びる・・・

ウニョ~~~みたいな…変な音質に変わる・・・またはテープが切れる…

とても、とても悲しい時です。

だから、貸す専用のカセットテープと保管用のカセットを作り、バックアップのようにしてるのも多く、カセットが山積み状態になってくるってのもありました。

そんな想い出を含みながら、ネットラジオも楽しく、懐かしくも有り、良質な音源で聴いてる方と共有できる時間が過ごせたら良いな~って思います。