Bad Desire

1990年の大ヒット曲でユーロビートの代表曲となる有名曲。
FCF自体はプロデュースがメインですが、この曲はFCFで発表してる曲です。
この時代のユーロビートで有名な曲の多くはFCFが手がけてるのも特徴ですね~。
原曲のサウンド自体はグルーヴ感、ドライブ感あり、触りようのない曲構成ですが、自分なりに音源をプラスして、より重厚にしてみました。
ディスコで繋げやすいように、キューポイントが各所で取られているので、ブレイク部分が多いのをカットしております。
重厚にするのに、よく使用するオーケストラヒットもプラスし、原曲にも入っているギターフレーズを、別にもプラスしてみました。
あまりに違うフレーズを差し込むと、元々のノリが失われちゃうので、ベースのメロディラインで重ねてるので、低音部が強調されてる風に聴こえるかなと思います。

2014年にまとめたREMIXではなく、Remaster系になるMIX。
この時は音源を追加する機材が無かったためにSE(サイレン音や爆発音)を足していますね~
どうしても、何かしないと!!ってな感じが現れていますwww
これも2019年版と比べると、オーディオ仕様でLIVEで使うと、ボリュームバランスに苦労するパターンになっています。
しかも、なぜ?メタルギアをメインで動画にしてるのかも、今思うと謎ですwww

こちらもFCFプロデュースで有名な曲「JAPAN JAPAN」と「Bad Desire」のMashup Ver
完全にお遊び感覚なREMIXですww
作り直したいという感覚よりも、LIVEでこんな繋ぎ方にしたら面白いね~って言うぐらいですかね
これも音源を追加できる機材がない2015年に作った、何かしないと!!感が満載の時のREMIXです
今聴くと、荒くれ的な感じで良さも感じられますがゴチャゴチャ感ばかりが目立つと思っちゃいます。
とにかく爆発音や余計なSEが多くて、余計に「うるさい!」ってなっちゃいますねwww

今の感性は落ち着きが出てきて良いのか? 荒々しさが抜けて特徴が欠けてきてるのか?
どっちが良いのかは分からないのも正直な想いですwww